2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪甘月ショコラマカロン

雪甘月でバレンタインデー用に開発した
「ショコラマカロン」の販売が始まりました。
バレンタインデーにお使い頂けるように
全てチョコレートが入っています。

雪甘月ショコラマカロン

ショコラ・抹茶・桜・柚子・ヘーゼルナッツの5種類で
抹茶と柚子は素材の味がいきるようにホワイトチョコをベースにしてあり
その他はブラックの生チョコです。

色も綺麗な上に一口で召し上がれるサイズなので
発売前の女性社員試食会では
可愛らしくておいしいと大変好評でした。

お試し用の3個入もありますので
バレンタインデーの本番前に是非味見して欲しいです。
(3個・5個・9個入があります)

2月中旬までの販売です。
雪甘月以外の江口だんご全店でも予約販売しております。
スポンサーサイト

| 雪甘月 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出店する事の意味

先日、ある社長とお話ししました。
その会話の中で出店する事の意味について
非常に共感できるお話をして下さいました。

それは、お店を新たな地域に出店する事により
その地域がより住みやすい魅力的な町にならなければいけないという事。

つまり地域の方々に必要とされる企業になって、
そこに住みたいと思うような価値を見出すことが大切なのです。

私達のお店は古民家を再生し
田んぼと里山がある場所へ本店を構えました。
「なぜ、あんなところに?田んぼと山しかないのに」
と言われる事があります。
・・・しかないのではなくて、それらがすごく魅力ある場所なのです。

当たり前すぎて
誰も光を当てなかったトコロが
実は非常に大切なものが隠れている事が多いのです。

心豊かに過ごすには
昔の方が様々な面で良かったような気がします。

最近の暮らし・住まいは便利になる一方で
忘れてしまうものも多いのではないでしょうか。
S社長、有難うございます。

かまど

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 日々のこと | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苺まつり開催中!

江口だんごでは苺まつりがはじまりました。
本店はだんご売店・甘味喫茶・ロールケーキ屋「雪甘月」があり、
それぞれで苺を使用した商品やメニューを販売しております。

だんご売場では「苺大福」こしあん・白あんが人気です。
江口だんごの苺大福用の餡には昔からミルクを使用していますが
これはミルクと苺の相性が良いので餡に入れると更に美味しくなる為です。

苺大福

甘味喫茶では
苺パフェ・苺白玉・苺あんみつ・お楽しみだんご
苺抹茶パフェ

雪甘月では苺ロール
苺ロールHP

どれも苺のおいしさを引き立てた味になっています。
更に今年は甘味喫茶に米粉を使用した苺新メニューが登場予定で
来週くらいにメニューに加わりますので御期待下さい。

菓子屋は「農産物加工業者」で
素材の味よりも美味しくしなければ菓子とは言えません。


ですから餡や餅などとあわせてトータル的に美味しくするのです。
素材の持っている特徴を更にいかすように仕上げる事が大切であり
職人はそのあたりの勘どころを養うことも重要です。

それには「経験と柔軟な発想」が必要とされます。
今後の新商品もお楽しみに!!


| 季節のお菓子 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大正餅について 嬉しいハガキ

昨日、新聞に幻米「大正餅」の掲載があり
ブログに書きましたが、偶然
その日に大正餅田植会員様から
ハガキが届いたのと、別の会員様からも
電話を頂戴しました。
それは田植~稲刈・餅つきをした会員様だけ
年末に贈る「はざかけ大正餅」を召し上がった感想でした。

内容は

数十年ぶりに田植えに参加し楽しかった。
餅つきをして、つきたてのお餅はおいしかった。
昔を思い出しながら食べてとてもおいしかった。
企画してくれてありがとう。

おそらくこちらの会員さんは昔、田植えをした事を
思い出しながらお召し上がりになり、一層美味しく感じたのではないでしょうか。

昔の田植えは家族・親戚総出で行い、お昼にはおにぎりや
お弁当をあぜで食べながら、家族の団欒を感じたものでした。
田植会員さんの中には、今回の田植でそれを思い出す方もあったり
小さなお子様と参加された若い御夫婦は食育のための参加でした。

いずれの方も家族がテーマであって
私たちがこの田植会やお菓子を通して残していきたい事が
しっかりとお客様にに伝わっている事が嬉しかったです。

大正餅田植 H24

また、今年も企画しますのでお楽しみに。




| 未分類 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻米 大正餅

本日新潟日報朝刊に当店の「大正餅」を掲載して頂きました。

思い起こせば幻のもち米であるが故に、復活をさせる事など
難しいと言われ続けていましたが、ナルミ農産さんのご協力のもと
見事に復活させ、その後商品化への成功
そして幻米を残すための取り組み「大正餅田植会」の発足
とあっという間の数年間でした。

写真は大正餅を初めて復活させた時のもの
手のひら1杯だけのもみから復活させた為に
ほんの僅かな量しか収穫されず、しかも背が高い為に
支え棒をして育てました。
大正餅支え棒
ご覧頂いておわかりのように、他の田んぼは全て収穫が終わって
田んぼも青くなっています。それだけ晩成種なのです。
幻米 大正餅 復活物語

育て難く、収量が少ない為になくなった品種は
本店の建物である古民家と一緒で、
扱いづらく、守るのが困難で時代と逆行したもの。
しかし、それはそれらが無くなる時代にはなかった
「技術」と「想い」でいくらでも残していけます。

昔からその土地にあった米や建物
そこにしかないものが、どれ程大切なのか
あらためて考えてもらいたいと思うのです。

御紹介いただいた新潟日報社様
有難うございました。

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 日々のこと | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。