2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本年も有難うございました

今年は「雪甘月」のオープンがあり
江口だんごにも新しい動きがありました。

来年はさらに発展させ、
お客様に喜ばれるお店となれるよう
スタッフ一同、協力して製造・販売したいと思います。

一年間本当に有難うございました。

皆様、良い年をお迎え下さい。

スポンサーサイト

| 日々のこと | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お供え餅

本日、宮本本店にお供え餅を飾りました。
これで正月飾りはすべて整いました。
お供え餅
このお供え餅は3升でかなり迫力があります。

江口だんごのお供え餅は 添加物を使用せず
杵でついて1個1個手で丸めている手作りです。
手の温もりが感じられる商品で
一年のはじまりは、やはり本物がいいと思います。

真空パックのものと違い
割れなどもでますが
5合以上のお供え餅をお買い上げのお客様には
山葵の成分が塗付されたシートを付けていますので
それをお餅の間にはさめばカビの発生を遅らせる事ができます。

そのシートの匂いをかぐと
山葵のツンとくるあの香りがします。
便利な物が開発されたものですね!
夏にお弁当の上にのせると腐敗防止にもなるそうです。

お供え餅は「歳神様にお供えするもの」の意味から転じて
「おそなえ」と呼ぶようになりました。

歳神様には門松が目印となり、お供え餅でお迎えします。
新たな年の豊穣と幸せを願う準備は整いましたので
来年はきっと良い年になるはずです!

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-





| 日々のこと | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

門松を飾りました

本日宮本本店に門松を飾りました。

これは毎年地元の方が、当店の為に作ってくれます。
ちょうど良い太さの竹を切るのだけでも大変ですが
それに黒松・赤松・赤南天・白南天・杉の葉・笹を飾り
見事な形に仕上げて頂きました。本当に有難うございます。
門松H21

門松は歳神様を迎える際に目印となるように
玄関先に置きますが、最近は一般の家庭では
見る事が少なくなりました。
段々こういう風習がなくなっていく事は
寂しい事です・・・。

餅屋は日本の伝統的な風習には
お餅を通して密接に繋がっています。
伝統季節行事を大切に残していく事も
私達の役目だと思っています。

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 未分類 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苺サンタ

本日はクリスマス イブ

サンタクロースがやってきますが
雪甘月でもクリスマスロールを
お買い上げ頂いた方全員にサンタが届きます。

それは これ!
苺サンタ
お客様の元へ届く前の出番を待っているサンタです。

このサンタはロールケーキの上にのっていて
チョコロールと一緒にお客様の目の前に現れます。

ほとんどのお客様がこれを見て
かわいい~っ!!と声を上げます。

食べるのがもったいないサンタは
明日までの予約販売です。



| 雪甘月 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスロール 予約販売

本日からクリスマスロールの販売を始めました。
フランス産のカカオを使用したチョコロールは
この時だけの限定品です。

しかも、完全予約販売!

まだ、お客様は誰も味わった事がないのに
沢山のご予約を頂戴し、張り切って製造しました。

焼きたてのチョコスポンジに生クリーム入れて巻き
オーナメントをつけて仕上げます。

焼きたての ふわっ ふわっ のロールです。

最後に苺サンタをのせて 出来上がり!!

クリスマスロール 12月23日


かわいいでしょ。  味も最高なのです。

| 雪甘月 | 12:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日からクリスマスロール販売

明日から25日までクリスマスロールを販売しますが
写真だけのイメージなのに
本当に多くのお客様からご予約を頂戴しました。

意外だったのが23日の注文が多いということ。
祭日にクリスマスをされる方もいらっしゃるのですね。
大切な日に当店のロールをご利用頂けるなんて
本当に嬉しいです。

「雪甘月」オープン後、初めてのクリスマスは
お客様の期待と私達の喜びでいっぱいです。

ぜひ素敵なクリスマスをお過ごしください。[XmasOrns]クリスマスツリー*赤い飾り †SbWebs†

| 雪甘月 | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正月店内飾り

江口だんご全店では御歳暮商品の他にも
お正月用の商品を12月初旬よりディスプレイしています。
年末平台

定番の銅鑼焼きもお正月用の袋に入ったものや
今年新発売のスノーボール・おみくじ付の干支飴など
お正月らしい色合いの商品が並ぶと、一気に華やかになります。

早いもので、あと2週間で今年も終わろうとしています。
お正月の準備はお済みでしょうか?
年始のお菓子は江口だんごの年始菓子を
ご用命ください。

※発送用お年始菓子もあります。→迎春セット 
-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-


| 日々のこと | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おろし餅セット

本店甘味喫茶では
「おろし餅セット」が始まりました。

これはうちの大正餅を作って頂いている
地元農事法人「ナルミ農産」さんから
おろし餅専用の小さな大根「ビタミン大根」を
栽培してもらい、毎年この時季に収穫し
甘味喫茶でお出ししています。

おろし餅セット

この大根をお客様ご自身ですりおろして頂きます。
少し辛みがあって、お餅にはぴったりです。

写真右上はきな粉で
きな粉餅とおろし餅の2種類が
食べる事が出来る冬の人気メニューです。

江口の甘味喫茶は
餅メニューが豊富です。

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-



| 甘味喫茶 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

設計士との再会

本店を設計した安藤さんが来店されました。
本店を長岡市宮本町に移店してから、4年が経過しましたが
たまにいらして頂きます。

やはり、ご自身で設計した建物が
どういう使われ方をしているのか
気になるところだと思います。
江口本店 2


宮本本店は新潟県内に100年以上前に建っていた
古民家2棟を解体し、何年もプレハブ倉庫に
ねかせて保管していました。

5年前に安藤氏と出会い、
江口の店作りの構想や夢などを語り
それを形にしてもらい現在の本店となりました。

その時の思い出が一気に蘇り
二人で、「ここにロープを張って、建物の大きさを確認したよね」
とか様々な想い出を話しては懐かしんでいました。

談笑しながら二人が共通に感じた事は

建物は年を重ねながら、素敵にしていこうということ。

安藤さんは言います。

「自分は引き渡しまでは責任を持って素晴らしいものに
仕上げます。でもそれ以降は施主さんが更に良くして下さい。」

確かに私もそう思います。

お菓子屋は、

劇場・ステージがお店で
役者がお菓子、
ストーリーがお店の思い
演出・監督・舞台作り・お客様へのサービスが江口スタッフ
それを気に入って見に来て下さる方が
お客様ではないかと思います。

お客様がチケットを購入し
感動したり、拍手をして頂くには
何一つ欠けてはいけませんし
それぞれが素晴らしいものである事が大切です。

心に残るお菓子
つくっていきたいです。

安藤さん、またお会いできる日を楽しみにしています。

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 日々のこと | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新そばが届きました

昨日、栃木の友人から新蕎麦が届きました。
毎年この時期に送ってもらい
家族で楽しませてもらっています。

実はこの蕎麦は、友人のお母さんが打ってくれます。
素人とは思えないほどの見事な蕎麦です。
蕎麦
蕎麦の味がしっかりしていて
喉ごしも良く、新潟でこのおそばの店をやれば
大繁盛になると思えるほど美味なのです。

聞けば、友人宅の地域は蕎麦の産地で
良い原料がとれるそうです。
蕎麦の産地には「蕎麦打ち名人」が沢山いるそうで
おいしいお店も多く、東京からも食べに
来る人も多いようです。

しかし、今年は天候の影響で
蕎麦が昨年の半分ほどしか採れず
何とか手配して作ってくれたようです。

しかも彼は先週、新店をオープンさせたばかりで忙しく、
彼や、家族の皆さんはとても蕎麦を打っている時間などないはずなのに・・・

そこまでして送ってくれた蕎麦は
涙がでるほど美味しかったです・・・。

友人の気持ちに感謝です。

彼の家はお饅頭屋で
このお饅頭の味も絶品なのです。
やはり、おいしさの原点は「作り手の気持ち」なんだと
実感した1日でした。

ありがとうございました。

| 日々のこと | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぜんまい侍

江口だんご本店の看板は文字ではなくて
串団子型のモニュメントです。

以前、小さなお子さんがそれを指差しながら
「わーい!ひっしょうだんごけんだー!」
と叫んでいました。

私は何の事かさっぱりわからなかったのですが
先日、NHK教育のTVを見ていたら
「ぜんまい侍」というテレビアニメがあって
主人公が
「ひっしょうだんごけんー」と叫んでいるではありませんか。

そうです。
「ひっしょうだんごけん」が当店のモニュメントとそっくりなのです。
だんごモニュメント


ぜんまい侍とは頭の上にちょんまげの代わりに
ぜんまいのハンドルをつけた侍が悪人と戦う話しですが
この戦い方がユニークなのです。

腰に下げたひっしょうだんご剣を相手に向け一振りすると
剣についた団子が相手の口に向けて飛び、
それを食べた悪人は改心するという、何ともユニークで平和的な戦い方です。

でも、これを見て驚いたのが ひっしょうだんごけんの漢字です。

私は必ず勝つ剣=必勝だんご剣
だと思っていたのですが、実は

必笑 だんご剣だったのです。げっ!?

これには感動しました。

お菓子は人に安らぎを与え、
幸せな気持ちになってもらうものだと思い
日々一生懸命製造しているのですが、
まさに この必笑 はお菓子の一番根源であるからです。

さすがNHKさん。私も教育させられました。

食べれば必ず笑うだんご。
幸せになれるだんご。

素敵です。

そんなだんごを作りたいなぁ。

だんごで世界平和
このアニメ番組、深いですね・・・。


ちなみにぜんまい侍の嫌いな食べ物は梅干しだそうです。
私と一緒。


-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 日々のこと | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村上紅茶

ロールケーキ屋 雪甘月では
村上紅茶をはじめました。
村上紅茶
1杯分がガラスのポットに入っていて
お客様ご自身でカップに注いでいただきます。

砂時計で計って、砂が落ちたら注ぎます。
村上紅茶2

村上紅茶は 新潟県村上市の「冨士美園」さんが
半世紀ぶりに復活させた紅茶です。
昔は茶産地では外貨獲得の為に輸出用として
生産されていましたが、今は全国的に見ても本当に
少なくなってしまいました。

日本最北のお茶処でとれる茶葉から
つくられた紅茶は「やさしい味」がします。
日本茶のように、まずは砂糖を入れずに飲んで下さい。

今までドリンクメニューは珈琲が中心でしたので
珈琲が苦手な方にも、これからはご利用頂けると思います。
(ホットミルクもあります。)

紅茶も日本茶も同じ茶葉で作られています。ご存知でしたか?


-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 雪甘月 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かまどに火が入りました

雪国 新潟は本格的に寒くなってきましたので
本店売場近くにある「かまど」に火を入れています。
かまど


この炎を見ているだけで心も暖まりますよね。
土日になると子供たちが、かまどの前に手を出して
温めている微笑ましい姿も度々見られます。

イベント時にはこのかまどで
料理を作り、お客様へふるまったりしていますが
通常は暖めるだけの目的で火を熾しています。

この薪は地元の方が山からナラの木を切って
割ってくれていますが 
ナラの木は火持ちが良く、薪としては高級なのです。
切ったばかりの薪は爆ぜるので、
1年置いてから使用しています。
地元の方のご協力と自然に感謝です。

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-




| 日々のこと | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おしるこ・ぜんざい

江口だんご本店 甘味喫茶では
おしるこ ぜんざいが大人気!

急に寒くなってきたので
体があたたまる食べ物が恋しくなるのですね。

こしがある「コガネ餅」をじっくり焼いて
程よい甘さのおしるこ・ぜんざい餡の中に
入れると何ともおいしそうです。
おしるこ

おしるこ ぜんざいの違いは
1973年に出版された 新和菓子大系によると
しるこには、
御膳しるこ・田舎しるこ・小倉しるこ・ひき茶しるこ
があると書かれています。

一般に、しることいえば、御膳しるこをいうが、これらの名称は東京の呼び名であって
京阪では御膳しるこを「こしあんぜんざい」 田舎しるこを「ぜんざい」と言っている。


このように書かれていますが
ずいぶん昔の本なので、時代と共に呼び名も変わって来ていると思います。
現在「御膳しるこ」なる言葉をあまり耳にしないのではないでしょうか。
昔はぜんざいは関西の呼び名であったようで
現在は全国でもそう呼ばれています。

一般的に こしあんを おしるこ
       粒餡を  ぜんざい  と言われている事が最近は多いのではないでしょうか

江口のおしるこ・ぜんざいは塩昆布がついています。
昔からある、この組み合わせはおいしいですよね。

おしるこ・ぜんざいって
おやつ? それとも  ごはん?

うちではお正月には食事と一緒にでますが
普段はおやつでしょうか。

食事の後のデザートという感じではないですし・・・

まぁ、どちらでも美味しく食べれば構わないですね。

-000- 新潟長岡の餅菓子・笹団子・ちまき・一升餅なら江口だんご -000-

| 甘味喫茶 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。